マスターバイブルと早漏と遺伝の関係

いろんな早漏対策のグッズや医薬品がありますが、どれもその場凌ぎになり、完全に克服するための治療にはなりません。性行為をするたびに、グッズや医薬品を使う必要がでてきます。そのようなことが億劫だと感じるのであれば、トレーニングで早漏を改善することもできます。マスターバイブルもそのひとつであり、決められた回数のトレーニングによって、射精をコントロールできるようになる教材です。個人差はありますが、改善した声も多くあります。トレーニングは合う合わないが極端に別れるものになりますので、こればっかりは一度体験してみないとわかりません。また教材も決して安くはありません。自分が出来そうな教材を見つけて、取り組みましょう。

遺伝で早漏になるのか?を考えたときに、あまり関係ないと答える人も多いでしょう。性癖や今までの性体験等によって、左右されることも多いです。しかしある実験から遺伝の可能性を指摘されるようになりました。マウスにも早漏気味のオスが居て、遺伝の可能性を指摘されるようになりました。学説によると、脳内の興奮を抑える効果がある物質が遺伝的に少ないことで、早漏気味になるという説があります。

その物質はセロトニンです。興奮を抑える作用があり、この物質が少なくなると、うつ病を発症してしまうことがあります。セロトニンが分泌されることで、興奮を抑えることになり、よって射精をコントロールできるようになります。そのセロトニンの分泌を活発にさせる内服薬があります。即効性がありますので、性行為の前に服用すると、通常時の3倍射精までの時間を稼ぐことが可能になります。医薬品ですので、多少の個人差がありますが、評価が高い早漏改善薬になっています。