皮オナニーなどは早漏のみならず彼女に悪影響とは

早漏には肉体的なもの、精神的なものと様々な要因がありますが、俗にいう仮性包茎も、早漏の1要因となっている可能性があります。皮が常時亀頭にかぶさっていることで亀頭への刺激に慣れない状態が作られ、膣やその他の方法による陰茎への強い刺激に耐えられず、射精が早くなってしまいます。同時に仮性包茎の人は自慰にも気をつける必要があり、皮を陰茎に被せたまま自慰を行う、いわゆる皮オナニーと呼ばれている方法は早漏に関連があるとされ、彼女との性行為を行ううえで非常に悪影響をもたらすものとなります。皮がかぶったまま自慰行為をすることで、本人の意識以上に陰茎が守られた状態になり、いざ性行為をした場合、皮に守られ弱い刺激に慣れ続けていた陰茎は膣内の強烈な刺激に耐えることができず、射精を早くしてしまうのです。それだけに自慰行為をする際にはきちんと皮を剥いた状況を保ち、亀頭への強い刺激に慣れた状態を作り出すことが、早漏を改善するうえで1つの有効な手段となります。また、真性包茎、仮性包茎は平常時に陰茎を皮が覆っていることから、かすがたまり、陰茎が汚れた状態になりやすいので、事前にシャワーなどで体を清めることなく性行為を行う場合、見た目や匂いでパートナーに不快な思いをさせる可能性もありうるため、可能であれば平常時も皮をむき、常に陰茎を清潔な状態に保つことが、正常な性行為を行うため、また早漏を改善させるために必要なこととなります。また、真性包茎は早漏の原因になるばかりでなく、亀頭が露出しないことで正常な性行為を行えない可能性があるため、自力での改善が難しい場合には医療機関の手を借り、手術などによって陰茎を露出させることが肝要になってきます。